先生

失明の危険を回避せよ:緑内障の特徴について

黒い糸や点が見える症状

病院

硝子体が劣化して起こる

目の前に黒い糸や点のようなものが漂っているように見えたことはないでしょうか。これは「飛蚊症」という症状です。視線を移動してもこれらは揺れながら付いて来るため、名前の通り蚊が飛んでいるように見えます。形は線、点、輪など様々で、白い壁や空を背景にした時によく目立ちます。飛蚊症は眼球を満たしている硝子体(しょうしたい)に濁りが生じることによって起こります。硝子体はゲル状の物質で、年齢とともに劣化してシワや濁りができます。これが網膜に影となって映り、糸や点のように見えるというわけです。生理的な変化によって起こるためほとんどの場合は放っておいても心配ありませんが、視力が低下したり霧がかかったように見える場合には、重篤な病気の前触れの可能性があるため眼科医を受診するのがおすすめです。

硝子体の劣化を防ぐ

飛蚊症の原因となる硝子体の劣化は老化やストレスによって起こります。特に紫外線を多く浴びると、活性酸素が発生して硝子体の組織が酸化し、劣化が早まってしまいます。外出するときにサングラスを着用したり、パソコンなどの画面を見る作業を減らしたりして、活性酸素を抑制することが飛蚊症予防に効果的です。対策法としては、目のまわりのツボ押しや、目の体操も有効です。ツボは、目頭と鼻の間のくぼみや目尻ともみあげの間にあるくぼみ、眉毛の中央などにあります。最初は軽く、徐々に力を入れて押すのがコツです。体操は目をぐるりと回したり、力を入れて閉じたり開いたりして行います。さらに、サプリメントなどを利用して、目の成分であるルテインやコンドロイチンを補給するのもおすすめの対策法です。