先生

失明の危険を回避せよ:緑内障の特徴について

失明を避けるために

メンズ

治療をきちんと行おう

緑内障は日本の中で失明をしてしまう人の原因としては第一位だと言われているほど多くの人が悩んでいる病気です。40代以上の人の20人に一人の割合で患者がいるとも言われています。しかし緑内障だということに気づいていない人も多く、患者の約8割は自分が緑内障であったことに気づいていなかったとも言われているほど自覚症状があまりないのも特徴です。これは緑内障は徐々に視野が狭まって行く病気なのですが、どちらかの目の視界が狭まっても健康なもう片方が欠けた視界をカバーしてしまうので、両目でものを見ている時には視界の欠けに気づかないためです。進行すれば失明してしまう可能性もありますが、きちんと治療を行えば一生涯自分の目でものを見ることもできる病気です。

一度かけたら戻らない

緑内障は自分の視界の欠けに気づきにくい病気のため、症状が悪化していてもそれに気づきにくいとも言えます。そのため、目薬などで治療を行って症状がこれ以上悪化してしまうことを予防したり進行を遅らせるという治療をおこなうこととなります。しかしこれらの治療をしていたとしても視界が健康な時のようになるわけではないので「効果がない」と感じて治療を途中でやめてしまうケースが少なくありません。しかし一度かけてしまった視界は現在の医学では取り戻すことができないので、症状に変化が見えないとしても継続して治療を続けていくことが重要です。また、今は緑内障ではないとしても慢性緑内障は非常にゆっくりとしたスピードで症状が進行していくため、年に一度検査を行うことで早期発見が行えるようになります。