先生

失明の危険を回避せよ:緑内障の特徴について

目の病気として

医者

飛蚊症は目で物体を捉えた時、小さな浮遊物が周囲を飛んでいるように見える症状の事です。飛ぶ蚊と書いて飛蚊症と読みますが、目に見える形状は千差万別で、黒点のような物体から細い糸くずのようなものまで様々です。飛蚊症になると基本的には回復はせず、浮遊物が常に存在し続ける状態になります。特に明るい場所では浮遊物が鮮明に見えるので、とても不快に感じる場合があります。但し、命の危険に繋がるような重篤な病気ではないので、不必要に怖がる事はありません。老齢に多いと思われがちな病気ですが、発症年齢は幅広く、二十代で飛蚊症を発症する人も少なくありません。特殊な例を除いて飛蚊症自体に悪影響はないので、放置していても問題はありません。

飛蚊症に至る原因は大きく分けて三種類あると考えられています。一つ目は生理的な原因です。目を構成するパーツである硝子体が、紫外線や加齢などによる劣化する事で発症します。二つ目は病気による発症です。これが飛蚊症の中では唯一、人体に悪影響を及ぼしている例外であり、網膜剥離などの病気によって引き起こされます。この場合は早期の治療が推奨されます。三つ目は先天的な原因、つまり生まれつきの飛蚊症です。母体にいた頃の名残が原因で危険はありません。飛蚊症は硝子体を切除する事で治療できる為、国によっては硝子体手術を行っているケースもあるようです。日本では飛蚊症に対して安全上のリスクが高すぎるとの判断で、積極的には行われていません。