医者と患者

失明の危険を回避せよ:緑内障の特徴について

目の病気として

医者

小さな浮遊物が周囲を飛んでいるように見えるのが飛蚊症です。飛ぶ蚊と書いて飛蚊症と読みますが、見え方は千差万別のようです。網膜剥離などの可能性を除いて、人体に悪影響を与えるような症状ではないので、治療を行う必要はありません。

Read More..

失明を避けるために

メンズ

緑内障は早めに気づき治療を継続して行って行けば怖い病気ではありません。何よりもきちんと継続して治療を続けていくことが一番重要になります。少しでもおかしいと感じたら病院で診察を受け、適切な治療を受けるようにしましょう。

Read More..

失明原因の第一位

笑顔の婦人

緑内障は眼圧の上昇により視神経が圧迫され、視野の欠損や失明などを引き起こす病気のことです。日本の失明原因の第一位であり、以前と比べて患者は増加傾向にあります。緑内障の発症原因ははっきりとはわかっていませんが、加齢が原因や誘因の一つであることは確実といわれています。高齢化が進む日本では、今後ますます患者は増えていくと予想されています。また、眼の使いすぎも眼圧をあげる原因となります。インターネットやスマホの普及により、眼を酷使する時間が増えたのも、患者数の増加原因であるといわれています。緑内障はほとんど自覚症状がないので、潜在的な患者は多いと推測されています。40代以上の4人に1人は緑内障患者であるといわれています。

緑内障は眼圧の上昇により徐々に視神経を圧迫する病気です。圧迫を受けた視神経は、限界を超えるとその機能が失われてしまいます。するとその部分は全く見えなくなってしまいます。しかし、見るという機能は両目でそれぞれ補い合いながら行っているため、一部分が欠損しても気づかないことがほとんどです。そのため、明らかに視野が欠損してきたと気づくときには手遅れとなっていることも少なくありません。また、失われた視神経は治療しても戻ることはありません。このような事態を防ぐためにも、40代をすぎたら定期的に検査を受けるのが重要です。自覚症状がないので、早期に発見することが最大の治療となります。早期発見早期治療ができれば日常生活に不便でない程度に視野を維持して生活していくことは可能です。

黒い糸や点が見える症状

病院

飛蚊症とは目の前に黒い糸や点のようなものが漂うようにして見える症状で、眼球内の硝子体が劣化してシワや濁りが生じることで起こります。硝子体の劣化を防ぐには、紫外線を浴びる量を減らす、目の体操やツボ押しを行う、サプリメントで目の成分となる栄養を補給するなどがおすすめです。

Read More..